So-net無料ブログ作成

発言への責任 [雑記]

ネットの普及か、よくペットの病気についての質問を目にします。
病気でないにしろ、餌を食べてくれませんとか。
それに自分の知識内で答えるのは、悪いことではないのですが…できれば、回答に加えて獣医さんや近隣の詳しい方にご意見を伺うことも勧めて欲しいなぁと思います。

もちろん回答する時間帯によっては、獣医さんじゃ間に合わないこともありますし、お仕事の都合諸々どうしても間に合わない方には全力でサポートした方が良い事もあるでしょう。

ただ、ネットの向こうにいるペットの容態を、素人が画像や動画で判断するのは本当に難しいことだと思います。
私もご質問を受ける機会は少なからずありますが、正直これは間違いないだろうと思われる症状でも、やはり断定はできません。
こうすれば良いよ、これなら大丈夫…そう答えた結果、亡くなってしまったら、その子にそして飼い主さんに、申し開きができません。

こういっては何ですが、獣医さんを勧めることで、自分の発言責任から逃げれるというメリットもあります。
私は獣医のまわし者ではありません(笑)
動物病院での勤務経験もありますし、獣医さんの当たり外れもたくさん経験しました。

それでも、ネットドクターで済むなら、獣医師国家資格なんていらないんです。

たくさん飼っていたらその生体のエキスパート、というならお金さえあれば皆なれちゃいます。
問題のない子ばかりを何十匹飼っていても、問題を抱えた1匹を飼っているのとは経験値が違ってきます。

ウチにも持病やら問題やら抱えたペット達もいるせいか、こうした方がああした方がとアドバイスをしてくださる方々がいらっしゃいます。
もちろん、お伺いしたことは実行しては見るのですが…最終的な判断は見て触って、その上で助言してくださるブリーダーさんや専門ショップ店員さん、そして獣医師に委ねています。
ネットの向こうの方に責任をぶつけるわけにはいきませんから…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。